FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産みの苦しみです

メラクはエンジンフードと左右の柱を外せば整備性良くなります。

120.jpg

それで冷間での始動性が悪い件ですが、決定的にこれ、と言うのはないような・・
エアを吸っていた事、キャブの調整が甘い事、水温が低い事、などありますが・・

121.jpg

このメラクSSの最終型はインテークマニホールドにSMのようなバキュームの取り出し口に使えそうな穴がないので、加工して取り出し穴を作りました。
バキュームメーターでの測定&調整で基本的な調整は出たと思います。
不安なのはこのキャブは新品と言う事なので、特性の違うキャブが間違ってついてないか、過去の整備でジェットやフロートレベルの変更がないか、と言った所が不安ではあるのだけど、ともかく試乗してみました。

悪くない感触です。
操作系が全体に重いのでエンジンも少し重い印象がありますが、暖気させずにすぐ走り出す事も可能だし、アイドリングも安定しているし・・
しかし水温がメーター読み70度までいかないのが気になります。

122.jpg

定番の理科の実験ですね・・
このサーモスタットですが72〜73度で開き始めます。
これが巷で売られているメラクのオーバーヒート対策の75度のサーモスタットかどうかわかりませんが・・
なんとなくメーター読みの印象と近いものがあります。
この時期、走行風で冷やされて70度までいかず、しかもサーモスタットがハンチングしているようで70度手前でふらつきます。
もしそれが正しいならオーバークールでしょう。
80度から90度欲しいですから。
オリジナルの80度のサーモスタットを組むかどうか、次の課題でしょう。

さて、ジュリアクーペですが。
クラッチが切れない故障なんですけど、

写真123

マスターもレリーズもダメなので交換なんですけど、マスターのプッシュロッドが回すと折れました。
溶接で新規?にロッドを作りました。
それで苦労してエア抜きしてバッチリ、と思うとクラッチが張り付いているようで結局の所クラッチ切れません(涙)。
試しにクラッチ踏みっぱなしで走行したりもしたのですが変わらないですね。
ここまで激しく張り付くものかな?それとも何かの不具合でクラッチ切れないのか?
やむを得ずミッション下ろします・・
どのクルマもスッといかないですね。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。