FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSのミッション半分解

ファイナルギヤ異音のためミッションを中古と交換しているDSですが・・
ミッションのフロント・カバー(クラッチ・ハウジング)の形状が違うのでクラッチ・レリーズ・シリンダーが取り付かない。

iphone115.jpg

前回の話で加工して取り付けるとか言ってたけど、加工するとなると削ったり切断したり穴あけてタップ切ったり・・と言う作業になるので、ミッションを割ってニコイチにする事にしました、簡単にいくのであれば。
試しに下ろしたのを割ってみると・・

iphone116.jpg

何も考えずにばらすとデフがバラバラになって出てくる事がわかりました(涙)。
写真はあわてて組み立てた所。
なのでアウトプットシャフトを一度外して再度仮組みしてデフが動かないように固定してからケースを分解する事にしました。

iphone117.jpg


うまくいきました。
バラバラになってもなんとか元に戻るのだけど気持ちが悪いので・・

下ろしたミッションのオイルですが過去に水が混入したのか?濁りかたがちょっとおかしい感じがしました。
それでギヤがやられたのかどうかはわかりませんが。

仮組みしたアウトプット・シャフトを再度外して、本来あったガスケットを製作するか、液体ガスケットでいくか検討します。
0.25mmくらいの厚さの紙ガスケットが組まれていたのですが、この厚みでベアリングの当たりが変わるのでいちおう検討する必要がありそうです。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

変質したギヤオイル、相当ニオイそうですねー

No title

それが寒いからか、そんなに気になりませんでした。
汚れかたと言うのが少し白濁した感じで例えば10万km走行したオイル、と言うような汚れかたとは違うように思いました。

No title

クラッチシリンダはLHM時代でも3種類ありますしね。

デフも近代は逆には組めないものが多いのですが、昔話で
逆に組んで試運転で発覚なんていうことが有ったそうです

ベアリングのプリロードは確認したほうが賢明だと思います。

No title

ボンネット外した状態で試運転してみました。
なんとかいけたようです。
ただ、その前にパワステがいかれた状態になったり、ミッションも2速が抜けなくて動けなくなったり、もう笑うしかない状態でした。
けっこうなお化けクルマですね・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。