FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラクの整備

SMのパワステ・リビルドはテストも終わり、塗装が上がりました。
塗装の品質はこんな感じ。

iphone43.jpg

マセラッティ・メラクを日曜に引き取ったのですが、
ゴゾゴゾ動かす前にプラグの状態を見てみました。
50km以上高速道路走ったので良い状態でなくてはならない
はずです。

iphone45.jpg

2番がカーボン付着してます。
どうしても真ん中の気筒、2番と5番の熱の条件が厳しいのですが
このメラクの場合どうなんでしょうか?

ところでメラクの特徴的な柱、

iphone44.jpg

これってけっこう整備の邪魔、ってわかりました。
簡単に外れるんでしょうか?
あと見慣れたSMのエンジン&ミッションとほとんど同じだけど、
見慣れているだけに逆に頭が混乱するような・・

走っていてわからなかったのは、水温がなぜか70度くらいで安定する事。
低すぎるかなと。
クーラーがすぐ効かなくなる事。
右のパワーウインドウが上がらなくなった事、などなど。
エンジンそのものは下道も高速もそんなに違和感なかった。

パワステ・リビルドの仕事が終わって、スカラベ色のSMも
あと一息と言う所だから、その後じっくりメラクを見たいと思います。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

後ろの柱?外れた状態だとボルト2本ずつでした・・(自分で外してないので難易度は?)

もし、クラッチ板の交換などもメニューに入っているなら、
レリーズの黒鉛ブッシュの寸法(高さ)が知りたいですー。

No title

ミッションは下ろさないと思います。
レリーズの黒鉛?とは???SMとは違うんでしょうか?
SMは一般的なレリーズ・ベアリングでしたよ。
アミ6のようなベアリングと言うよりブレーキのようなブツでしょうか?
SMのレリーズ・ベアリングなら新品持ってますので参考までに送る事はできます。

No title

後期(SS)は、クラッチがSMの9”から9,5”に容量アップされてて、レリーズベアリングが旧車でしか見ない押し固めた黒鉛のヤツなんです。当然、クラッチカバーにスリップリングみたいなのが付いてて・・。

停止時はギヤをニュートラルにしてクラッチペダルから足を離せばいいんでしょうけど、
それでも擦り減るのは避けられないですよねー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

なるほど、、うちのアミ6はそれみたいでクラッチ踏むとエンジン回転数下がります。
なのでブレーキと呼んでます(笑)。
メラクはSSだからかどうか、クラッチ重いですね。
デチューンになってしまうけどSMと同じクラッチにしてしまえば扱いやすくなるのかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

後ろのバーは前期型ではスチールでボディに溶接していますが、後期型はFRPで、良く途中でポッキリ折れているのがありましたから、余り力を加えない方が良いと思います。SSも最後は普通のサーボブレーキになるのですが、この個体は未だハイドロですか?水温はサーモスタット抜いてるんではないの?メラクのエンジンは、見かけほどボンネットのルーバーからの放熱が良くないし、前方に吸気口もないので、高速走行時に水温、油温が結構上がったと記憶しています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。