スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラクの整備

少し前にメラクの整備をしてました。
すごくいいメラクだと私は思いました。
このメラクはワンオーナーで数十年エンジンかけてないとの事。
とりあえずエンジンかけておくれとの依頼でした。
かんたんでしたね・・
ダブルポイントの片側の接点が接触不良でした。
イタリア製のCDIユニット?が不良でした。
燃料ポンプのカプラが接触不良でした。
これがややこしい、燃料フィルターの入り口がなぜかパッキンで塞がってました。
プラグを清掃してフレッシュなガソリンを入れて・・
一発でかかりました。
調子はとても良さそう。
ボディが薄い青で内装も青、オリジナル度が高くていいですね。

IMG_306.jpg

ただしエンジンかけたとたんにLHMが各部で吹きました。
マセラティではハイドロを取り外すような改造をするケースがあるようですね。
メラク程度のハイドロなら取り外さずに生かした方が色んな面で良いと思うのですが・・
このメラクはどうなることやら。
エンジンかけた所で引き取って行きました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。