スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタS4の整備

思いがけずデルタS4を整備する事になりまして・・
そんなクルマが存在する事はうっすら知ってましたが・・
とにかく電装がおかしいので普通に走れるようにして欲しい、とのご用命でした。

IMG_288.jpg

あんまり写真撮ってないですが、後はこんな感じで跳ね上がります。
フロントもすべての外装が前に向かって跳ね上がります。
整備性は良いと言う事かも・・

フロントのライトの作動がおかしいです。
ヘッドライト点灯したりしなかったり。
何かを点灯させると他のライトが点かなくなったり暗くなったり。
典型的なアース不良と思いました。
フロントセクションの集合カプラの接触不良とアース線が断線しかかってました。

ホーンが鳴らない>間違った極性のリレー使ってました。
ウインカーとヒーターブロア不動>キーシリンダーの不良。

なんちゅうか、試験問題と言うか謎解きです。
このクルマは整備書も配線図もないようですが、比較的簡単に解を導く事ができました。

サクサクッと修理できたので「アイドリングがいくら何でも高すぎる」
修理をする事になりました。
暖気後3000回転くらいいっちゃうようです。
写真がないですがスロットルのリンクロッドの調整不良でした。
これ少し悩みました。

関連してスロットルが重すぎる、の修理。
ケーブルの不良ですが、日本でワンオフでケーブル作ってくれる所少ないようです。
見つかったので作ってもらいました。
同業先輩から他車のケーブル流用が良いと思うと言うアドバイスもらいましたがそれは美しくないと思いました。
いいとこみつけたんで今度はSMのケーブル作ってもらいます。

仕事は比較的簡単でしたがちょっと緊張する仕事でした。
明日戦前のオースチンを引き取りに行く事になりました。
これも配線見て欲しいとの事です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。