スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムシンの車検整備

カムシンは車検整備ですが、クーラーの整備から・・
まだ涼しいので判断が難しかったのですが、そもそも冷えは甘いが、とりわけしばらく走行すると冷えなくなる、と言う事らしい。
特に走行中になるような・・
昨日暑くなったので、

写真152

フロントガラスにゲージ・マニホールド貼り付けて走行してみました。
嫌な気分でした。
高圧が少し高いがカットが入っているわけではない、と言う事がわかりました。
こうなるとできる事が少ないのでガスを少しずつ抜いて昨日の外気温(コンデンサ雰囲気温度)30度として適正圧低圧側1.7キロ、高圧側17キロに調整してみました。
強くは冷えないが安定して涼しい風が出る・・と言う微妙な線で落ち着きました。
圧力は完璧なんでこれ以上追求するのが難しいなぁ・・

それでエンジン、タイミング・チェーンがたるんでアルミのチェーンケースをはたいているような嫌な音がしているので調整してみました。
整備書ぼんやり見ていると外側から調整できる事がわかったんで・・

写真151

それで実際にやってみて、やはりゆるい事がわかりました。
なんだろう、ロックプレートにガタがあるんで、どうしてもゆるい方向で落ち着くようで、うーん、最後にやった人は失敗している、と言っていいのかな・・
なのでトルクレンチで1.5キロのトルクをかけてロックピンを突っ込むのだけど、1.5キロからわずか締め方向に回してからピンを突っ込む、と言うのが正解と言うかコツなんじゃなかろうか。
整備書にはただ、「張り過ぎはノイズが出るからやめてけれ」としか書いてないけど・・

写真150

写真は右バンク、デスビ側で非常にやりにくくて写真もわかりにくい、トルクレンチ突っ込んでいる所。
で、結果、静かになりました。
超うれし〜〜〜〜
たまにはいい事もあるもんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。