スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラクの始動性不良

GSは左後タイアハウスに穴あいていたので、当社ふじいっちに鉄板当てて塞いでもらいました。

iphone109.jpg

作業後の写真でわかりづらいですが30cmくらいの鉄板はりました。
作業前はトランク内が見えてました。
なぜここが錆びるのか?

GSはおおよそ作業が終わって試乗している所ですが、やはりいいクルマですね。
私にはCXより好ましい。
ボディサイズうんぬんももちろんだけど水平対向エンジンを縦置きしているからか、固有の振動が好ましい。
私が特異体質なのかもしれないけどCXの持つ振動がどうしても苦手なのです。
なにしろクルマ屋のくせに乗り物が苦手(笑)。

さてメラクなんですが。
低温時始動不良、最初点火系を疑ってました。
でも点火二次系はOKのようです。
ポルシェで使っているのと同じ?ボッシュのCDIが装着されているのですが、これも信用してないけど火花は飛んでいるようなので・・

キャブだとするとオーバーフローしているか、フロートのレベルがおかしいか、なんだけどキャブも新品だと言うし・・

iphone110.jpg

とりあえずフロートを調べようかと外したのですが、このメラクは珍しい?玉無し号でブレーキは普通のブレーキ。
なのでインマニから負圧を取り出してます。
上側がメラクのインマニで下側がSMのインマニ。
1番と2番に大穴あいてますね。
先に負圧の方がOKか、エア吸いしてないか調べる事にしました。

iphone108.jpg

フロントフードの内張りを取り外すと、ブレーキに入る負圧を分岐させてエアコンのフラップ切り替えに負圧を利用してますね・・
非常に苦しい設計に見えます。
バキュームホースがちぎれているのも発見しました。
どうなんでしょうか。
この辺りが原因だとするとエア吸いで混合気が薄くなり、冷間で始動不良、とつじつまは合うのですが・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。