スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMのバルタイ調整

DSCF0061.jpg

今日は久々にSMで出勤、虫干し・・(ナンバーすんません)

で、SMのエンジンのバルブタイミング調整ですが微調整せずに車体に載せて
エンジンかけてある程度走行してなじみ出してから・・とも思ったのですが
復習や学習もかねて下ろした状態でやってみました。

DSCF0062.jpg

左バンクの吸気カムのバルブリフトを測定している所・・
この作業、精度を求めると難しいです。
まして車上でやるのは・・
SMのエンジンとその調整法に対して正確な知識が必要で、
ここはなんとかクリアしていると自負してます。
あとは工具の研究とか経験になってくるかと・・
マセラッティの組立工が組み立て時にカムにケガキ線を入れてます。
これ意外に正確なんでここで合わすのも間違いではないと思います。
ただ、それが本当に合っているかどうか確認するためにも
測定した方が良いと思います。
あとこの測定作業でいろんな事が確認できますね・・作業ミスとか
過去に違うカム組んでないかとか。

ともあれ、ある程度の所まで調整できました。
やっとATと合体させて車体に載せる所までいきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。