スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6日目(つづき2)

さて・・Taiki君のコンサートだ・・
グラースの人は金持ちらしくて立派な教会があるわけだけど
それよりは小さな教会だけどとても立派な教会。

Taiki君は一年前まで高松で勉強していた。
一年前にニースのコンセルヴァトワールに入学、たった一年で
一等賞と特別賞をもらって卒業してしまった。
そのご褒美、的なコンサートらしい。
もう一人、優秀な女の子とのジョイントコンサート。

DSCN7671_convert_20080907172513.jpg

写真が悪い・・すまん。
まず二重奏。
技術的には簡単な曲だ。
お約束通りTaiki君が落っこちる。
先生はぼくとTaiki君が似ているとよく言うが今ひとつ納得いかなかった。
納得しました。
ほとんど人間失格の二重奏で相方の彼女はかわいそうだ。

気を取り直して彼女のソロ。
その後二重奏。
グラナドスで何か変化が起きる。
Taiki君の音がとても美しいのだ。
お客さんがちゃんと聴き始める・・
と、ここで誰かのケータイ着信音。
馬鹿な人間はどこにでもいるもんだ。
しょーもないコンサートなら失笑が起きる所だが
「シーーーーーッッッ!!!」
と皆一斉につっこむ。
いい演奏だったので本気で怒っている。

さて、真打ち?Taiki君のソロ。
トゥリーナのソナタ。
高松でも弾いていた曲だがなんか違うな・・
これが成長というものか。
説得力あり。
パガニーニのグランソナタの第一楽章。
この曲を正面から弾ける人間って先生しかおらんわけで・・
でもちゃんと弾いてました。
わかりやすい所で言えばミスが減ったな、すごく。
で、けっこう感動した。
拍手喝采だ。
良かった良かった。
日本から聴きに来たかいがあったよ(ちょっと違うか?)。
Taiki君はわけのわからんフランス人のおっさんに捕まって大変そうだが
(これもどこにでもいるようだ)少し話して、良かった良かったと。

・・で、お待ちかねのグラース番外編
グラースの町の下の方に、2CV専門店発見!

DSCN7675.jpg

DSCN7676_convert_20080907174435.jpg

気になる方は電話してみて下さい。

夜中にニースにたどり着いたのに相変わらずにぎやかだ。
月がニースの岬に落ちそうだ。
疲れきって爆睡する・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。