スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山のCXを動くようにしました

先月の話で・・「岡山で一本釣り」のところのクリーム色のCX、エンジンミッション下ろした状態でしたが先月末に組み立てました。

写真221

下ろしたエンジンミッション、ドライブシャフト、ラジエター、細々した部品たち・・です。
このCXはいわゆるCマチックで、ミッションからのフルード漏れがひどくてエンジンとミッション下ろしたとの事。
フルードが一番大量に漏れていたのはオイルポンプのOリングと私は見ました。

写真220

純正部品は手に入らないようですので、寸法を測って規格品を使用しました。
20円とか30円とか・・(笑)
オイルポンプはトルクコンバーターの奥にあるのですが、このポンプとトルコンの組み付けはわからなかったです。
ポンプはきちんと位置決めされてないので調整?した方が良さそうですし、トルコンがどうしても挿入できなくて悩みました。
そしてエンジンとミッション合体させて車体に組み付けました。

写真230

この日は日曜日でしたが、ここまで一日、8時間くらい。
午前中トルコンとポンプの組み付けで悩んで痛恨の時間ロス、想定外でしたが さぬきうどんさんがメインでがんばってくれたので(笑)なんとか。
ところでこの写真、要チェックです。
デスビがキャップはずれた状態でむき出しなんですが、取りに行った時からこの状態でした。

エンジン載ってしまえば、あとは勤務時間外にぼちぼちと残りの部品を組み付けて・・ってシトロエンはこれが大変なんだけど。

そしてエンジン始動・・絶不調(号泣)。
少し悩みましたが、先に述べたデスビが1年近くむき出しで放置されていたようなので、そこをよく見てみました。

写真233

lumenition のピックアップ用の羽が1枚折れてなくなってますな・・わかりやす〜
つまり一発死んでいた、と言う事です。
とりあえず適当なプラスチックの板で似たような形状を作って接着しました。

試乗・・ハイドロシトロエンらしからぬ、スポーティな走り???
スフィアが完全には死んでないがほぼ機能してないと思いました。
サスペンション・スフィアの圧力が基準値よりかなり低下してます。
とりあえずリチャージしてスフィアを生き返らせます。

試乗した所、本来の状態になったようです。
ただ、サスは完全な状態のはずなんですが、思っていたよりも硬いと言うかソリッドな印象があります。

写真232

このタイヤのせいでしょうか・・ミシュランのMXV。
製造年は少し古いが新品のようなタイヤです。
しかし見るからに硬そうだ。

この辺りは古いシトロエンの深い所、のような気がします。
オリジナルのシトロエンを知らない人はハイドロと言うものに、柔らかさと言う点において過剰な期待をしているように思います。
でもDSやSMを乗っていると必ずしも柔らかくない、と感じる時があります。
フラットである、と言うのが正しい表現だと思うのですが・・
タイヤを現代のものに入れ替えると低速の不整路でもあたりが柔らかくなるでしょうが、それでいいのか?と言う事なんですが・・

とにもかくにも久しぶりにCXに乗りましたが今までとは異質のしっかりとした印象があります、このCXには。
ガタの類いが全くないですし、良く大事に乗られていたな、と思います。
エンジンは今一つの状態だったのですが、ガサゴソしてガソリンを20Lほど入れるとまずまずの状態になりました。
様子を見ながら手を入れるべき所に入れたいと思います。
スポンサーサイト

岡山で一本釣りですわ・・

写真219

工業用ミシンを買いました。
シート縫うためです。
松山のリサイクルショップにて購入。
今治タオルの内職でおばあさんが使っていたそうな。
2階の部屋にミシン屋さんと設置しました。
初期のメンテもミシン屋さんにしてもらいました。
ミシンのある風景っていいもんです。

岡山にて一本釣りです。

写真216

一匹目。

image217.jpeg

二匹目。

image218.jpeg

これは3台目と言っておきます。
このクリームのCXはエンジンとミッション下ろした状態で、

写真221

外した部品がダンボールに山積みなんで運ぶの大変でした。
これから組み立てていきます。

CXのガソリン漏れ

3月に入ってブログ書く余裕なくなっちまって・・

  書けなくて!書けなくて!

と替え歌してわめいていたわけだけど・・

CXさん、ガソリン満タンで

  漏れちゃって!漏れちゃって!

困ったわけだけど・・

燃料センダーユニット と言うガソリンタンク内の
液面センサーのパッキンの所、から漏れているわけだけど、
センダーユニット取り外すと取り付け面のプラスチック部分が
朽ちてパッキンときちんと当たらなくなっているようで・・

とりあえず部品が手に入らないからモトシール1で
きっちりシールしました。

DSCF0075_20130410180359.jpg

ガソリン入れて後の車高を上げた状態にしたけど漏れず・・
モトシール1すごいかも。
一時しのぎの修理だけど再度取り外さない限りこれでいけるかも・・

CXの部品で困る

火曜日に事件がありまして・・
最近自転車通勤に切り替えて、ママチャリで通うのもなんだから、
40年前のプジョーのデッドストック新古品を仕入れて

DSCF0070_20130322174108.jpg

組み立てていたわけだけど、タイヤの空気入れるのに手抜きして
エア・コンプレッサーのエアを投入していると、

   ちゅどーん!!

と言う音とともにタイヤチューブパンク・・
どうもタイヤがきれいにリムに入ってなかったようで・・
おかげさんで鼓膜は破れなかったけど難聴になりました。
つらい・・

CXは部品の仕入れで苦労。
キャリパーキットのフロント、一台分必要なのに片輪分しか届かず・・
タイロッドエンドは長さが違うのが来た。
パーキングブレーキパッドは他車種のだなあ。

キャリパーキットはお騒がせしました>皆様
結局 T-CX さん情報で SNB さんの所にあると言う事で SNB さんが
仕事ほっぽり出して急送してくれました。
皆様のご協力に感謝しております。
そして・・
  
   RIさんありがとう


写真撮る余裕がなくてろくなのないけど、

DSCF0072.jpg

プラグコードは国産車用を使おうか悩んだけど永井で正解のようです。

フロントのキャリパー・シール交換、
パッド交換、
サスブーツ交換、
ステアリング・インナージョイント交換、
タイロッドエンドブーツ交換、
タイヤ交換、
オーディオ交換&配線修理、
オルタベルト交換、

などなど・・
明日ようやく試乗できるかも。

SMの水漏れとCXの整備

青いSMさんはそろそろ納車しようとオーナー様と連絡取っておった
わけですが・・

朝出勤すると

DSCF0066.jpg

結構な量のエンジン冷却水が漏れてますなぁ・・
場所からするとウォーターポンプかヘッドですなぁ・・
上から見てわからんので。
まだ実家に帰りたくない様子・・

SMはリフトで上げないとわからないので、とりあえずCXの
整備をします。

バッテリー周りの端子を交換、電源系統を整理しました。

DSCF0060_20130307175817.jpg

バッテリー上にややこしいカプラがあるのですがあれ外して
直結にしました(赤い熱収縮チューブの所)。
これに関してスペシャリストの意見求む。
接続はすべて油圧か締めです。

バッテリーの固定ができない状態だったので後側を固定しました。

オルタのベルトが怪しいのでベルトすべて外して、プーリーの状態が
錆びているので研磨しました。
プーリーがざらつくとベルトが削れてすぐダメになります。

DSCF0063.jpg

一本だけベルトかけてエンジンかけて紙ヤスリでならします。
良いこはまねしないで下さい。
以前空冷ビートルでこれやってたら手が巻き込まれて指の一本でも
飛んだかと思ったけどベルトの方が切れました。
どんだけ丈夫なカラダなんだと・・
しかしそれ以降細心の注意でもって作業してます。
命あっての物種です。

オルタのプーリーの状態が最も悪い。
新品に換えたいくらいだけど取り外して旋盤で回してならします。
これエンジンかけてやってたら指が何本あっても足りない。

DSCF0064.jpg

ハイポンプとエアコン・コンプレッサーのプーリーはエンジンかけずに
簡単にサビ落とします。
オルタのベルトのみ新品に交換します。
他はいけそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。