スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西垣正信さんによるクリスマスコンサート

西垣正信さんによるクリスマスコンサートを今年もやります。

12/23 ネネリッキーにて、3時開演です。
¥3000。

こちらは

http://www.koube.jp/2011Xmas/xmas.html

京都でのコンサートの案内で、参考まで・・
残念ながらこちらは売り切れです。

皆様どうかよろしく。
ぜひ来て下さい。
スポンサーサイト

倉敷でギエムを

実は昨日仕事終わってから高速飛ばして倉敷まで行きました。
シルヴィ・ギエムと東京バレエ団の公演。

私はギエムのファンでギエムのパリオペラ座時代の「シンデレラ」
見たいと言うだけでレーザーディスクプレーヤー買ったほどです。
ギエムは若くしてパリオペラ座のエトワールをほっぽり出して
外に出たのでクラシックの全幕ものの映像がほとんどなくて、
いつも悔しい思いをしておるわけです。
英国ロイヤルバレエ時代の映像もほとんどないんだな・・

それで倉敷の公演はすごかったですよ。
日本のコンサートなりなんなりで観客総立ちって初めてでした。
ギエムが日本人のために封印してたボレロをやってくれた。

でもね・・私かなりのギエムファンなんで、物足りなかったです。
一番最初の東京バレエ団による「白の組曲」が一番良かったです。
ギエムファンからバレエファンに変わったのかも。
正直言ってベジャールってよくわからんしね。
かなり見てる方だと思うけど。
プティの方が好きですね。

昔ベジャールがまだ生きてた頃、ベジャールバレエ団の公演の
高額チケット買ってたのですが、友達に自慢していると
「これもう終わってるよ」
と言われ衝撃を受けたのでした。
日にちを完全に忘れていた。

ベジャールのソロ、バッハの音楽に乗ってギエムが登場すると
その動きの一つ一つが完璧でした。
もうなんとも言い様がないですね。
ただし、小品でした。
その次の「TWO」でしたか、これはすごいのだろうけどギエムが
演る必然性を感じなかったです。
ボレロはラヴェルの天才をまざまざと思い知らされるわけだけど・・
今さらぼくが何かを言う事はないです。

西垣さんのクリスマスコンサート

昨日でした。

http://www.koube.jp/public/xmastakamatsuOut.JPG

今日が高知で明日が京都です。

http://www.koube.jp/xmas.html

http://www.koube.jp/2008xmas/profileNisigaki.html

何度も聴いた曲でもハッとするような美しさがあり・・
また、タレガの作品においては決定的な名演だと感じました。
その演奏の値打ちをしかと認識できる日本人はそんなに
たくさんはいないのかもしれないけど、

音の美しさ、
楽器の美しさ、
アクロバティックなテクニック、
先生の、おもしろさ・・

などなど、
昨日集まった皆がそれぞれ心地よく感じたのではないかと
思いました。

個人的にはぼくの今までの人生はひたすら、
自分はゴミのような人間だと
認識する日々であったわけだけど
少しは生産性のある事もやりたいなと思いました。
って去年も思ったか。

最後に最大限尽くしてくれたおとうさん、おかあさん、
本当にありがとうございました。
感謝してます。

クリスマス・コンサートのご案内

こんにちは、どなどな商会改めサイバイマン、略してどなどなです。
我々が勝手に誇る西垣正信さんのコンサートのご案内です。

DSCN7423.jpg

http://www.koube.jp/public/xmastakamatsuOut.JPG

チラシも南仏の村の教会での写真ですね。
私もいるはずです。
12/20、ネネリッキーにて。

http://www.koube.jp/xmas.html

京都は12/22です。
内容は多少違うと思います。

今年もニースでのアランフェス協奏曲の演奏や
ベラルーシ(!)での公演など怪しいご活躍ぶりでした。

それでは演奏会でお会いしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。